杜の都が熱い!楽天、CS第3戦は仙台地区で23・6%

[ 2013年10月21日 11:11 ]

 NHK仙台放送局が19日に総合チャンネルで生中継したプロ野球、パ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ「楽天―ロッテ」の第3戦が仙台地区で23・6%(ビデオリサーチの調べ)の高視聴率を記録したことが21日、分かった。

 楽天がプロ初完封を飾った美馬の好投でロッテを2―0で下し、3勝1敗(アドバンテージの1勝を含む)として日本シリーズ進出に王手をかけた試合。午後1時50分から4時までの番組平均視聴率は14・9%だったが、試合終盤の午後4時~5時25分は23・6%まで伸びた。

 楽天が2―4で敗れた18日の第2戦は日本テレビ系のミヤギテレビで放送され、午後6時30分~7時が12・8%、午後7時~8時54分が19・0%だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月21日のニュース