田沢がカブレラ斬り!2球でPS初勝利ついた

[ 2013年10月21日 06:00 ]

リーグ優勝を決め、シャンパンファイトで笑顔のレッドソックス・田沢

ア・リーグ優勝決定シリーズ第6戦 レッドソックス5―2タイガース

(10月19日 ボストン)
 M・カブレラを三たび仕留めて株を上げた。1―2の7回2死一、二塁、打席にメジャー最強打者を迎えると、たまらずブルペンの電話が鳴った。出番到来。マウンドに上がった田沢は迷うことなく腕を振った。初球こそ外れたが、1ボールから投じた直球は95マイル(約153キロ)。遊ゴロに打ち取り、この日最大のピンチを脱した。

 「逃げるのは嫌だと自分の中で思っていた。攻めた結果だと思うし、遊撃手もうまく捕ってくれた。正直、(対戦は)もういいでしょう。2球しか投げていないけど、勝ちがついて良かった」

 昨季の3冠王とは5日間で3度目の対決だった。過去2度は直球で空振り三振、二ゴロ併殺。この日も全て直球だ。「もうずっと投げているので怖さはあった」。自分を信じて力でねじ伏せると、直後に味方が逆転。2球でポストシーズン初勝利も転がり込んだ。

 強打者が相手でも、直球を待つカウントでも勝負する。そのスタイルと度胸は、1年目の09年傘下2Aポートランドで培われた。当時、打者の初球にほぼ100%に近い確率で直球を要求された。当然狙い打たれるため「変化球から入りたい」と直談判もしたが、当時の2A監督で現レ軍のアーニー・ベイラー一塁コーチらに「米国では直球が基本。1球で打たせられれば球数も減る。バットに当てられてもいいんだ」と諭された。戸惑い解消に時間はかかったが「その教えがあったからこそ、開き直って真っすぐをガンガン投げられるようになった。あの経験は間違いじゃなかった」と胸を張った。

 上原との日本人リレーでリーグ優勝。シャンパンファイトでは、大はしゃぎし喜びを分かち合った。日本人投手によるリーグ優勝決定試合での勝利は、世界一になった07年の松坂大輔以来。幼い頃から憧れる右腕に並んだことを伝え聞くと「それはうれしい。でもみんなが打ってくれたからこその勝利」とはにかんだ。今季3度目の美酒に「今は疲れが吹き飛んでいますけど、あした大丈夫かな」と笑った田沢。最終決戦でもぶれることなく真っ向勝負を貫く。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月21日のニュース