ライアン小川 2年目ジンクス打破へ「フロントドア」

[ 2013年10月21日 06:00 ]

 今季16勝を挙げて最多勝を獲得したヤクルトの小川が、内角のボールゾーンからストライクゾーンに入れる「フロントドア」の習得をオフのテーマに掲げた。

 「両コーナーに投げ分けられるように全体的にボールの精度を上げたい」とした上で「カットボールは(右打者の)外角だけだった。内角から曲げる精度を上げたい」と話した。「フロントドア」で2年目のジンクスを打破する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月21日のニュース