杉内シリーズでも好投を!「肩も体も状態いい」

[ 2013年10月21日 06:00 ]

 まだまだ満足も、納得もできない。巨人・杉内の照準は26日から始まる日本シリーズだ。2日連続で完全休養日となったこの日、都内で前日に続き左肩のストレッチとケアを入念に行った。

 「CSで投げることはできたけど、日本シリーズでも投げて、日本一になりたい。輪の真ん中に立って、原監督を胴上げしたい。今年はそれだけを考えてやってきた」

 昨季は9月に左肩違和感を発症し、ポストシーズンでの登板機会はなかった。今季は18日のCSファイナルS第3戦(東京ドーム)に先発し、7回2安打1失点で勝ち投手になり、チームの日本シリーズ進出も決めた。開幕時に1年間フル稼働することを誓った原監督には「最高にいい投球をしてくれた」と賛辞をもらった。

 「あの言葉は本当にうれしかった。肩も、体も状態はいい。励みにして次(日本シリーズ)もいい投球をしたい」。ソフトバンク時代の03年には日本シリーズMVPにも輝いた左腕が、昨年の分まで悔しさをぶつける。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月21日のニュース