阪神 長距離砲獲り バレンティン級“大化け”期待

[ 2013年10月16日 06:00 ]

阪神がリストアップするゴメス

 来季の巻き返しを目指し、4番を打てる外国人選手の獲得を目指している阪神が、ナショナルズのマウロ・ゴメス内野手(29)を有力候補としてリストアップしていることが15日、分かった。今季はブルージェイズ傘下3Aで29本塁打をマークした長距離砲。通算2本塁打とメジャーリーグでの実績は乏しいが、今季プロ野球新記録の60本塁打を放ったヤクルト・バレンティンのように、大化けする可能性を秘めている。

 和田政権最終年となる3年目に向け、水面下では着々と05年以来、9年ぶりのリーグ制覇への準備が進んでいた。補強ポイントの一つが大砲の獲得。今季はリーグ最少となる82本塁打。得点力不足は明らかで、同時に4番不在にも泣かされた。そこで浮上したのがドミニカ共和国出身のゴメス。球団関係者は「長打を期待できる右打者」と評価した。

 ここに来て、獲得リストの上位候補に名を連ねるようになったことには、一つの背景がある。これまで助っ人獲得において阪神は、米国出身の選手を中心に調査を進めてきたが、ヤクルト・バレンティン、DeNA・ブランコらの躍進で「路線」を拡大。ドミニカ共和国、ベネズエラなどの中南米系選手の調査にも本腰を入れて取り組むこととなった。

 すでにトラビス・ハフナー、ライル・オーバーベイ(ともにヤンキース)らをリストアップしているが、9月下旬には中村ゼネラルマネジャー(64=GM)が8月に続き2度目の渡米。その目的の一つが、中南米系選手の本格調査だった。

 ゴメスは今季、ブルージェイズ傘下3Aで110試合に出場し、29本塁打。レッドソックス傘下3Aだった昨季は、打率・310、24本塁打、74打点と活躍しインターナショナルリーグのMVPに輝いている。メジャー通算本塁打は2本と少ないが、バレンティンやブランコも、同様に実績面では乏しかった。言いかえれば、進化する可能性も秘めている「原石」と言える。

 試合数を上回る131三振が気になるところだが、そこには3A特有の事情もある。メジャー昇格をアピールするためには長打力が必要不可欠。一発狙いの打撃をすることで、確実性は失われてしまう。「3Aではメジャーのニーズに合わせた打撃をする側面がある。本塁打をたくさん打つ選手は三振も多いが、それは本塁打を狙いにいっているから」と球団幹部も話しており、三振の多さがそのまま日本球界で当てはまるとは言い切れない。V奪回へ大砲の獲得が待たれる。

 ◆マウロ・ゴメス(Mauro Gomez)1984年9月7日、ドミニカ共和国出身の29歳。03年アマチュアFAでレンジャーズ入団。10、11年のブレーブスを経て12年レッドソックス移籍。同年5月13日にメジャーデビューを果たし、37試合で28安打、2本塁打、17打点の打率・275。3Aでは24本塁打、74打点の打率・310でリーグMVPに選ばれた。今季はブルージェイズに移り3Aでプレー。同クラス3年連続20発超えの29本塁打を放つなど110試合で101安打、73打点で打率・249。9月にウエーバーでナショナルズに移籍した。1メートル88、104キロ、右投げ右打ち。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月16日のニュース