メッセ 不満爆発「絶対に代えられたくなかった」

[ 2013年10月14日 06:00 ]

<神・広>6回、交代を告げられたメッセンジャーはボールをベンチ方向に投げ捨てる

セ・リーグCSファーストステージ第2戦 阪神4―7広島

(10月13日 甲子園)
 阪神・メッセンジャーが怒りを爆発させた。6回に逆転を許し、なおも2死一、二塁で交代を告げられた。

 84球での降板。直後にはベンチ前でボールを叩きつけるなど不満をあらわにし、「あの状況では絶対に代えられたくなかった。(ボールは)普通にボールボーイに渡そうと思っただけだよ」。今季で2年契約が終了。球団は慰留する方向だが、メジャー復帰を視野に入れる右腕は「来年も野球をしたいということだけ。違うチームに行くなら違うチームに行く」と話して球場を去った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月14日のニュース