栗山監督が“ダウン”「余計なことをしてしまった」

[ 2013年10月14日 06:00 ]

階段ダッシュを終え、苦悶(くもん)の表情を浮かべて立ち上がることができない日本ハム・栗山監督

 日本ハムの栗山監督が「ダウン」した。

 視察中のフェニックス・リーグの試合後、野手が行った約300段の階段ダッシュトレーニングに飛び入り参加。しかし最後は足が動かなくなり、何とかゴールにたどり着くと「階段ダッシュなんて現役時代以来だよ。めっちゃつらい。くそー。余計なことをしてしまった」と悲鳴。足を震えさせながら帰路に就いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年10月14日のニュース