第9回ジョージア魂賞 8・16優勝近づいたマー君 プロ野球新21連勝

[ 2013年10月14日 06:00 ]

表彰式に参加した(左2人目から)仙台コカ・コーラボトリング株式会社代表取締役社長・鈴木恭氏、田中、ひとりおいてジョージア魂賞選考委員・小林光男氏

 チームのために最も貢献した魂あふれるプレーに贈られる「第9回ジョージア魂賞」の表彰式が13日、Kスタ宮城で行われた。受賞した楽天の田中将大投手(24)には、週刊ベースボール編集長で選考委員の小林光男氏から記念の盾、仙台コカ・コーラボトリング株式会社代表取締役社長の鈴木恭(きょう)氏からはジョージア製品1年分(12ダース)と賞金30万円が贈られた。

 受賞対象プレーは8月16日の西武戦(西武ドーム)。8回5安打1失点で毎回の10三振を奪い、開幕から17連勝、昨年8月からの連勝を21まで更新してプロ野球記録を樹立した。当時はロッテと激しい首位争いも演じていただけに、チームにとっても大きな白星だった。田中はそのまま開幕から24連勝(昨年からは28連勝)でレギュラーシーズンを終えるなど、球団創設9年目の初優勝に大きく貢献した。

 本拠地での授賞式。多くのファンから大きな歓声を浴びた田中は「ファンの方々に選んでもらえて、こういう賞がいただけて素直にうれしいです」と笑顔で話した。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月14日のニュース