ロッテ 公式サイトに謝罪文掲載…不適切発言選手は自宅謹慎

[ 2013年10月11日 20:45 ]

ツイッター発言で自宅謹慎となった神戸

 ロッテは11日、ツイッターで不適切な発言をした神戸拓光外野手(27)に関する謝罪文を公式サイトに掲載した。

 中村家國球団社長名で、神戸が前日10日に行った「不適切な行為に関し、たいへん申し訳なく関係者の皆様に心より深くお詫び申し上げます。これはプロ野球選手としてだけではなく、一人の社会人として、あってはならない行為であります」と陳謝。

 この日、フェニックス・リーグに参加している神戸を遠征先の宮崎から呼び付け、直接事情聴取したことを明らかにし「改めて厳重に注意をいたしましたが、このような行為にいたった経緯、事情をさらに調査したうえで最終的な対応を決定していきたいと考えております」とした。この間、神戸には自宅謹慎を命じた。

 「また、一、二軍選手全員に、本日プロ野球選手としての自覚の再確認をいたしました。今後は選手教育を、再度徹底していく所存です。これからも、皆様に支持されるような球団になれるよう、さらに努力を重ねてまいります」と再発防止を誓っている。

 神戸は10日午前、東京・三鷹市の女子高生刺殺事件と思われる事件について「自業自得」などと自身のツイッターに書き込んだ。球団に抗議の電話などが殺到し、神戸は発言を削除。ツイッター上で謝罪した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月11日のニュース