ロペスが途中交代 左脇腹に違和感で大事取る

[ 2013年10月3日 23:15 ]

セ・リーグ 巨人4―2ヤクルト

(10月3日 東京D)
 巨人のロペスが左脇腹に違和感を訴え、5回に代打を送られた。原監督は「大事を取った。無理をする必要もない」と説明した。

 ▼原監督(効果的に4得点)「クリーンアップがいい形で打つと、こういう試合になる」

 ▼ホールトン(5連勝で9勝目)「調子が上がってきているので、先を意識せずに同じような投球をしようと思った」

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年10月3日のニュース