DeNA3連勝!井納、4安打2失点でプロ初完投勝利

[ 2013年9月28日 17:22 ]

<D・巨>プロ初の完投勝利を挙げた井納

セ・リーグ DeNA7―2巨人

(9月28日 横浜)
 DeNAが巨人を7―2で下し、3連勝を飾った。

 DeNAは4回、1死満塁から8番・鶴岡の三ゴロで先制。さらに先発投手の9番・井納が中前に適時打を放ち2点目を挙げると、2番・荒波が右中間フェンス直撃の2点適時二塁打、3番・梶谷がセンター右に15号2ランと一挙7得点。巨人先発の菅野をKOした。

 投げては先発の井納が巨人打線に7回まで散発2安打無失点。8回に2点を失ったものの、プロ初完投となる9回4安打2失点、2四球6奪三振で5勝目(7敗)。井納は「ひたすら全力で1球1球投げたことが良かったと思います」と笑顔を見せ、7回の2死満塁で代打・高橋由を左翼フライに打ち取り、無失点で切り抜けた場面を「野手の皆さんのおかげで7点あったので、しっかり投げることができました」と振り返った。

 井納とともにお立ち台に上がった荒波も「リズムが良くて守りやすかったので、いいプレーができた」と完投勝利投手を持ち上げてニッコリ。クライマックスシリーズ進出を逃したDeNAだが、来季につながる勝利となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月28日のニュース