元ロッテ監督のボビー 舌禍騒動で解説者クビに

[ 2013年9月28日 06:00 ]

元ロッテ監督のバレンタイン氏

 前レッドソックス監督でロッテでも指揮を執ったボビー・バレンタイン氏(63)が舌禍で仕事を失ったと、ニューズデー(電子版)が26日、報じた。

 10月のプレーオフ放映権を持つ全米ネットのTBSの解説者を務めているバレンタイン氏は、今月11日に別の局のラジオ番組内で、メッツ監督時代の01年に発生した米中枢同時テロについて「あのテロ事件の直後、ヤンキースの選手は何もしなかった」などと発言。物議を醸していた。TBS広報はこの発言との関連性を否定したが、数々の問題を起こしてきたボビーならではの「クビ騒動」となった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月28日のニュース