マー君締めた!星野監督舞った!楽天、悲願のリーグ初V

[ 2013年9月26日 21:47 ]

<西・楽>星野監督を胴上げするナイン

パ・リーグ 楽天4―3西武

(9月26日 西武D)
 初のリーグ優勝へマジック「2」とした楽天は26日、西武ドームで西武と対戦。2点ビハインドの7回、ジョーンズの右中間適時二塁打で一気に逆転すると、9回は“絶対エース”田中が締めた。2位・ロッテが敗れたため球団創設9年目で初のリーグ優勝が決定。東日本大震災から2年半。2013年9月26日、ついに東北の悲願が成就した。

 楽天は初回、先頭の岡島が左前打で出塁し、藤田も左前打で続き無死一、二塁。2死後、マギーの四球で満塁とすると、枡田が押し出し四球を選び1点を先制した。

 しかし、先発の美馬がピリッとせず、3回、西武・鬼崎に右越え2号ソロを被弾し同点に追いつかれると、4回には秋山に中越え12号ソロを浴び勝ち越しを許した。さらに5回にも失点し、点差を2点に広げられた。

 だが、楽天の4番の一振りが一気にVモードを引き寄せた。6回まで3安打に抑えられていた打線が7回に奮起。四球と岡島の左前打、銀次の二塁内野安打で2死満塁とすると、4番ジョーンズが右中間を破る二塁打で逆転に成功した。

 6回途中からリリーフしたハウザー、そして斎藤とつなぎ1点リードのまま9回へ。大歓声の中、田中がマウンドに上がった。その時、札幌ドームではロッテが日本ハムに敗れ、マジック「1」に。一気に西武ドームに詰めかけた楽天ファンのボルテージは最高潮に達した。

 田中は先頭・鬼崎に二塁内野安打を打たれ、続くヘルマンには四球。犠打で1死二、三塁とされたが、栗山を3球三振に仕留めて2死。最後は浅村を空振り三振に斬って取り、歓喜の瞬間を迎えた。楽天の逆転勝ちは今季34度目。勝負強さを存分に見せつけた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月26日のニュース