スタン、バレと真っ向勝負!中西コーチも「しらけたことさせない」

[ 2013年9月13日 08:37 ]

 13日のヤクルト戦に先発する阪神・スタンリッジがシーズン最多本塁打記録に並んでいるバレンティン封じに自信を見せた。

 「彼はすごい良いシーズンを送っているね。記録はおそらく破るでしょう。でも明日(13日)は破って欲しくないね」

 腰の張りのため2日に出場選手登録を抹消された助っ人右腕の復帰登板はかつてないほどの注目を浴びるマウンドとなった。11日の広島戦で55号を放ったバレンティンは12日はアーチなしに終わり、新記録にリーチをかけた状態で阪神との3連戦を迎えることになった。

 中西投手コーチは自軍の投手陣に対し「(バレンティンとは)勝負させるよ。一塁が空いてて(策としての)敬遠はするけど、それ以外は全力で勝負させる。しらけたことはさせない」と真っ向勝負を厳命している。

 今季、これまでバレンティンとの対戦はなかった虎の背番号55。抑えるイメージは描けているか?との問いには「そう思います。彼に本塁打を1本も献上しないシーズンにしたい」と力強く話した。現在、リーグ2位の防御率を誇るスタンリッジがツバメの主砲に“生みの苦しみ”を味わわせる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月13日のニュース