前日死球の影響?ソフトB 細川 めまい訴え途中交代

[ 2013年9月13日 06:00 ]

パ・リーグ ソフトバンク2-4西武

(9月12日 ヤフオクD)
 正捕手が離脱した。4回1死一塁、鬼崎のファウルをマスクに受けたソフトバンク・細川は、めまいや吐き気などの症状を訴え5回の守備から途中交代した。

 11日の西武戦(ヤフオクドーム)の頭部死球の影響も考えられる。「ちょっとした脳振とうです」と細川。前日の検査は脳波など異常はなかったが「頭だから、しばらくは安静にさせる」と田村バッテリーコーチは当面は出場を見合わせる方針。その影響から若手の山下に代え、13日に高谷が1軍に合流する。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月13日のニュース