長谷部 美技でプロ入り初S「日頃のノックの成果が出た」

[ 2013年9月13日 06:00 ]

<ロ・楽>8回1死二塁、角中を投直併殺に仕留め、藤田(左)とハイタッチで喜び合う長谷部

パ・リーグ 楽天6-2ロッテ

(9月12日 QVC)
 楽天は6年目の左腕・長谷部が1回2/3を1安打無失点でプロ初セーブを挙げた。

 2点リードの8回1死二塁で登板。角中の打球は自身への強烈なライナーだったが、素早い動きでキャッチ。二塁走者が飛び出しており、併殺で反撃の芽をつみ、9回も無失点に抑えた。「セーブが付くとは思っていなかった。日頃のノックの成果が出た」と笑った。今季は15試合で25回を投げて1失点。頼れる左腕は「魂で投げています」と胸を張った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月13日のニュース