中継ぎの沢村 2者凡退斬り 原監督自らマウンドへ足運ぶ

[ 2013年9月13日 06:00 ]

<巨・D>8回から登板した沢村は打者二人を抑え原監督に交代を告げられる

セ・リーグ 巨人3-1DeNA

(9月12日 東京D)
 巨人の沢村が今季初めて中継ぎで起用された。2点リードの8回から2番手で登板。黒羽根を三ゴロ、代打・松本から最速150キロで空振り三振を奪い、勝利に貢献した。

 6月21日中日戦(前橋)を最後に10試合白星がなく、中継ぎへ配置転換された3年目右腕は「初めての経験なので凄く勉強になる。しっかり結果を残し、また先発のチャンスが来た時には生かせるようにしたい」と話した。2死を奪い、山口への交代を告げる際には原監督自らマウンドへ。指揮官は「記憶にとどめてもらいたく、私が行きました。本来なら先発でしょうが、チームのメンバーでどうすればより強く戦えるのか。見極めていきたい」と語った。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月13日のニュース