ミスで負けた…伊東監督「力尽きましたね」

[ 2013年9月13日 06:00 ]

<ロ・楽>6回1死満塁、嶋(右)の遊ゴロで併殺を狙った根元が一塁へ悪送球、2点を失う

パ・リーグ ロッテ2-6楽天

(9月12日 QVC)
 痛恨のミスだ。6回、1―1に追いつかれて、なお1死満塁の場面。嶋を遊ゴロに仕留めたが、併殺を狙った二塁手のロッテ・根元が一塁に悪送球して勝ち越し点を許した。

 伊東監督は「こういう試合はミスした方が負けるんだよ」と嘆いた。首位・楽天との直接対決で3連勝をもくろんでいたが、初戦を制した後は2連敗。ゲーム差は7にまで開き、逆転優勝が遠のいた。指揮官は「力尽きましたね。まだ敗北宣言じゃないですけど」と表情には疲労感がにじんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月13日のニュース