おかわり 天敵摂津からV打 CS残った「諦めることは絶対ない」

[ 2013年9月13日 06:00 ]

<ソ・西>8回2死一、二塁、左前にタイムリーを放つ中村

パ・リーグ 西武4-2ソフトバンク

(9月12日 ヤフオクD)
 復帰6試合目の主砲が土壇場のチームを救った。西武・中村が1―1の8回に決勝の左前適時打。昨年から7連敗中だった天敵・摂津をついに攻略した。「なんとか点を取れればいいなと思っていたので、チームとして大きい1点が取れた」

 負ければ自力でのCS出場が消滅する瀬戸際の一戦だった。坂田が遊飛に倒れた直後の8回2死一、二塁で打席に向かった中村は、摂津が投じた132球目のカーブを左翼へはじき返した。「甘い球が来たので。摂津さんもだいぶ疲れてたかな」と笑った。

 喜んだ理由はそれだけではない。かわいい後輩のためにも打ちたかった。「初回のチャンスで坂田がアウトになった後、僕が打てなかった。これでまた僕が打てなかったら坂田は引きずってしまう」。5番に座る「左のおかわり」こと坂田は、前日も好機で併殺に終わり、この日も8回だけでなく、初回1死満塁の好機でも空振り三振に倒れていた。主軸に座りながら打てない苦しさは痛いほど分かる。未来の主砲候補を思う中村らしい一打でもあった。

 これで3位ソフトバンク戦の連敗を6で止め、3・5ゲーム差に迫った。残りはいよいよ20試合。「すぐでしょ。諦めることは絶対ない。一つ一つ勝っていけば、きっといつの間にか(順位は)上がっているから」と中村は話した。頼もしい主砲がチームをCSに連れていく。

 ▼西武・渡辺監督 中村が一人あそこ(6番)に入ることで秋山も生きてくる。何年か前、残り6試合で3・5ゲーム差をひっくり返されたことがあった。だからまだまだ望みは捨てていない。

 ▼西武・牧田(7回1失点で7勝目)相手は摂津さん。1点もやれないと必死だった。きょう取れて勢いに乗れると思うから、勝てたことはうれしい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月13日のニュース