“150キロ超腕”明大・岡 秋季リーグは野手専念

[ 2013年9月13日 06:00 ]

 東京六大学リーグの明大・岡大海内野手(4年)が、14日に開幕する秋季リーグ戦では野手に専念することを明かした。

 「明治が優勝するために秋は野手に専念したい。盗塁も積極的に狙っていきたい」と意欲を見せた。投手として150キロを超える直球を投げ込むなど今春までは二刀流に挑戦。投打両面でプロの評価は高いが、リーグ戦通算3本塁打の打撃に集中し、チームの2季連続優勝に貢献する構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月13日のニュース