オセゲラまた好投!ソフトB、4位・西武離した3・5差

[ 2013年9月7日 22:01 ]

<オ・ソ>7回表1死一、二塁、江川の左前適時打で生還した長谷川(手前)をニッコリ迎えるオセゲラ

パ・リーグ ソフトバンク12―0オリックス

(9月7日 京セラD)
 ソフトバンクの新外国人投手、オセゲラが7日のオリックス戦で来日2度目の先発マウンドに上がり、6回を102球、5安打5三振の無失点で2勝目を飾り、チームを連勝に導いた。

 初回を三者凡退と上々のスタートを切ると、2回2死一、二塁のピンチは宮崎を空振り三振に仕留めて切り抜けた。6回には2死一塁から四球を与え一、二塁とされたが、川端をニゴロに抑えて失点を許さなかった。

 打線もオセゲラを援護。2回1死一、二塁から李杜軒の中前適時打で先制。さらに2死一、二塁から細川が2点適時二塁打を放って、この回3点を奪った。3回にも長谷川の犠飛で加点。終盤にも着実に加点し、20安打12得点で圧倒した。

 7回以降は、オセゲラをリリーフした岩崎、森福、ファルケンボーグ、二保が無失点でしのぎ完封リレーでの完勝。2位・ロッテを1・5差でぴったり追走するとともに、4位・西武との差を3・5差に広げた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年9月7日のニュース