8回零封メッセ見殺し 好投右腕に米スカウト熱視線

[ 2013年9月6日 06:00 ]

<D・神> 8回2死一、三塁の好機に鳥谷(左)が一ゴロに倒れ、三塁走者のメッセンジャーはガックリ肩を落とす

セ・リーグ 阪神0-1DeNA

(9月5日 横浜)
 阪神のメッセンジャーが8回5安打無失点、10奪三振と快投も、打線が援護できずに零敗でサヨナラ負け。3カード連続負け越しで巨人の優勝マジックを16に減らした。

 リーグトップタイの12勝を逃した助っ人は「内容は良かったが、勝ちたい気持ちが強かった」。バックネット裏には08、09年に在籍したマリナーズのスカウトが熱視線を送った。ティム・キッシュナー国際担当は「日本の野球を経験してバランスが良くなった」と評価。2年契約は今季で終了。球団は来季残留を要請する方針だが、右腕はメジャー復帰志向を持っており、今後の動向が注目される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月6日のニュース