安楽 3人斬り フォーム意識しスライダーで三振奪う

[ 2013年9月5日 06:00 ]

<日本・カナダ>9回を3人で締め森友(右)とタッチをする安楽

第26回IBAF18Uワールドカップ1次ラウンドA組 日本7―5カナダ

(9月4日 台中)
 安楽が9回を3者凡退で締めた。

 直球は最速146キロながら制球を重視し、「速球が走ってなかったので、低めに集めることができて良かった」と笑顔で話した。今大会は球速を気にせず、ゆったりとしたフォームを意識し、スライダーで1三振を奪った。「先発だろうと抑えだろうと任された仕事をきっちりこなす。勝利に結びつけたい」と頼もしかった。

 ▼日本・山岡(2番手として3回2/3を1安打無失点、7奪三振で勝利投手)流れが悪かったので流れを変えたかった。(2回1/3で降板した)田口がベンチで泣いていたので、カバーできたのは良かった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月5日のニュース