ヤクルト 石山4試合連続失点で勝利が…指揮官は打線に注文

[ 2013年9月3日 23:42 ]

セ・リーグ ヤクルト3―3巨人

(9月3日 富山)
 ヤクルトは7回までの3点リードを守りきれず、引き分けた。

 この回に暴投と犠飛で1点差とされると、9回は石山が満塁のピンチを招き、同点打を浴びた。これで4試合連続での失点となり、新人クローザーは「心も技術もまだまだ」と反省した。

 ただ、小川監督は相手の倍以上の安打を放ちながら3点止まりの打線に注文を付けた。8回1死二、三塁などの得点機を逃し「好機で取れなかった」と悔やんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月3日のニュース