ヘルマン “新庄ばり”ホームスチール敢行も惜しくもアウト!

[ 2013年9月3日 19:39 ]

<楽・西>5回2死三塁、打者・浅村のとき、ホームスチールを狙った三走・ヘルマンは惜しくもアウト(捕手嶋)

パ・リーグ 西武3―4楽天

(9月3日 Kスタ宮城)
 西武の1番ヘルマンが楽天戦の5回、ホームスチールを試みた。2死三塁、4番浅村の場面、2球目を投じるレイの隙を突いて果敢に突っ込んだ。

 際どいプレーとなったがわずかにアウト。ヘルマン、渡辺監督が球審に抗議したが判定は覆らず追加点はならなかった。

 走者を一、三塁に置いた場面での重盗は多くみられるが、三塁走者が単独で本盗を試みるのは珍しいケース。

 オールスターでは2004年第2戦(長野)で日本ハムの新庄が、3回2死三塁から史上初の本盗を決めMVPを獲得したのが有名。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年9月3日のニュース