斎藤投手コーチ 現役時代はバースに四球も今回は「むやみやたらには…」

[ 2013年9月3日 06:00 ]

内海(左端)、宮国(同2人目)の前で話す斎藤コーチ

 85年には阪神のバースが54本塁打を放ち、当時の巨人・王監督の持つ55本の日本記録にあと1本と迫った。

 だが、10月24日の後楽園での最終戦で阪神と対戦した巨人投手陣は、バースとの勝負を避け4四球。すべてストレートの四球だった。そのうち2四球を与えた斎藤投手コーチも今回は逃げない姿勢を強調。「むやみやたらに歩かせるつもりはない。巨人が勝つためにどうするか」とあくまで勝利優先の姿勢を強調した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年9月3日のニュース