オリックス メッツ・松坂獲りへ本格調査 韓国セーブ王も

[ 2013年8月31日 06:00 ]

オリックスが本格調査を開始した松坂

 オリックスが、メッツ・松坂大輔投手(32)の獲得に向け、本格調査を開始したことが30日、分かった。

 以前から松坂の動向に注目しており、球団関係者は「有事の際に動ける準備」は進めているという。松坂はインディアンスを自由契約になった後、22日にメ軍と契約。来季の去就は未定で、本人もメジャー残留が第一希望だが、オファーがなければ国内復帰の可能性もある。国内球団との争奪戦になった場合に出遅れないように、綿密な準備を重ねている。また韓国プロ野球の最多セーブ記録を持つサムスンの呉昇桓(オ・スンファン)も調査。来年はオリックス本社50周年に当たる年で優勝争いが厳命されており、大型補強に乗り出す構えだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月31日のニュース