イチロー、日米通算4000安打達成!メジャー“3人目”の大台

[ 2013年8月22日 10:44 ]

<ヤンキース・ブルージェイズ>1回、日米通算4000安打を放ったイチローは一塁ベース上で大歓声にヘルメットを脱いで応える

ア・リーグ ヤンキース4―2ブルージェイズ

(8月21日 ニューヨーク)
 米大リーグ、ヤンキースのイチローは21日(日本時間22日)、ニューヨークでのブルージェイズ戦に「2番・右翼」で出場、初回の第1打席で左前打を放ち、日米通算4000安打を達成した。その後の打席は一ゴロ、遊ゴロ、遊飛で4打数1安打。ヤンキースは4―2で勝ち、4連勝を飾った。

 大台まで、あと1本としていたイチローは1ボール1ストライクからの3球目、昨シーズンのサイ・ヤング賞右腕ディッキーの外角寄りのナックルを叩き、鋭いゴロで三遊間を破った。その瞬間、一塁側ベンチからヤンキースの全選手が飛び出してイチローと抱擁。「9番・ニ塁」で出場していたブルージェイズの川崎も笑顔で拍手して“師匠”を祝福した。イチローはヘルメットを脱いでスタンドに向かって深々とおじぎし、大声援に感謝の気持ちを表現した。

 1992年にオリックス入りしたイチローは日本で9年プレーし1278安打、メジャーでは2001年から13年目で2722安打を積み重ねた。メジャーで4000本の大台に達したのは4256本のピート・ローズと4191本のタイ・カッブの2人。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年8月22日のニュース