西武ドラ2相内 初公式戦で142キロ「ホームまで遠く感じました」

[ 2013年8月8日 06:00 ]

フューチャーズ戦に西武4番手として登板し、1イニング1失点の相内

 西武ドラフト2位の相内がイースタン・リーグのフューチャーズ戦(若手選手の混成チーム)で公式戦初登板。

 5回から3番手として最速142キロをマーク、1回3安打1失点だった。昨秋のドラフト指名後に道交法違反で摘発され、3月10日に入団した。ようやく実戦にこぎつけた右腕は「お世話になった方を思い出して投げた。ホームまで遠く感じました」と笑顔を浮かべながら話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年8月8日のニュース