西武自由契約のヤクルト・藤田 4年ぶりセーブ「吐き気がした」

[ 2013年8月8日 06:00 ]

セ・リーグ ヤクルト4-3中日

(8月7日 ナゴヤD)
 昨季西武を自由契約となり、今季からヤクルトに加入した13年目のベテラン藤田が、完璧な火消し役を演じた。

 9回にバーネットがつかまり、1点差とされた1死満塁のピンチで登板。「しびれたというより吐き気がした」と振り返る場面で、ルナを右飛、和田を三邪飛に打ち取り、09年以来4年ぶりのセーブを記録。「少しでもチームに貢献したい」という右腕に、小川監督も「よく投げてくれた。きょうはそれに尽きる」と感謝した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年8月8日のニュース