伊東監督 あきれた「粘った、惜しかったじゃダメなんだよ」

[ 2013年8月3日 06:00 ]

<オ・ロ>渋い表情の伊東監督

パ・リーグ ロッテ3-5オリックス

(8月2日 京セラD)
 下位チームに取りこぼし、ロッテの伊東監督がイラ立ちをあらわにした。

 先発のグライシンガーが5回1/3を8安打4失点。打線は2点を追う6回、今江の左前適時打で1点差に詰め寄るも、その後は無死二、三塁の好機を拙攻でつぶした。9回1死一、三塁で福浦の右越え2点三塁打が飛び出したが、反撃もここまで。8月に入って2連敗。急失速している状況に指揮官も「前半戦あれだけいい野球をやっていたのに、何でこうなのるか。粘った、惜しかったじゃダメなんだよ」とあきれ顔だった。

 ▼ロッテ・福浦(9回に6年ぶりの三塁打を放ち、通算1828安打は球団歴代単独3位)前半戦はふがいなかった。久々に(三塁まで)走ったよ。とにかくチームが勝てるように頑張るだけ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年8月3日のニュース