中日 2年目の西川7回2死まで完全!プロ初勝利、連敗止めた 

[ 2013年7月31日 20:36 ]

<神・中>西川は汗を飛ばしながら力投
Photo By スポニチ

セ・リーグ 中日1―0阪神

(7月31日 甲子園)
 4位中日は、甲子園で2位阪神戦。プロ2年目の西川の好投と、クラークの本塁打で1―0で勝ち、連敗を4で止めた。

 試合は序盤は安打もなく両軍無得点で進行、5回、6番クラークが右中間に14号ソロ本塁打で先制した。

 先発の西川は7回2死まで1人の走者も許さない完璧な投球。この回2死から3番鳥谷に四球、4番マートンに初安打を許し2死一、二塁とされたが後続を断った。

 8回からは浅尾、岩瀬とつないで逃げ切った。西川はプロ初勝利、岩瀬22セーブ。

 阪神は打線が封じられ3安打、1四球で7、9回の好機も生かせなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月31日のニュース