オリックス フェルナンデスが4年ぶり復帰 左腕ミルズも補強

[ 2013年7月21日 14:50 ]

昨季は楽天でプレーしたフェルナンデス

 最下位に低迷するオリックスは21日、昨季楽天に所属したホセ・フェルナンデス内野手(38)=192センチ、100キロ、右投げ右打ち=と、レンジャーズ傘下3Aラウンドロックのブラッド・ミルズ投手(28)=183センチ、84キロ、左投げ右打ち=を獲得したことを発表した。

 フェルナンデスは2003年に来日し、ロッテ、西武、楽天を経て09年にはオリックスでプレー。昨季は1年で楽天を戦力外となり、今季はメキシカン・リーグでプレーしていた。日本での通算成績は1228試合、打率・283、205本塁打、768打点、39盗塁。オリックスには4年ぶりの復帰となり、背番号は44。球団を通じて「オリックス球団に復帰できることを心より感謝いたします。チームの優勝のために貢献できるよう頑張ります」とコメントした。

 左投げのミルズはブルージェイズ(09~11年)とエンゼルス(12年)で通算15試合に登板し3勝3敗、防御率7・76。11年8月16日のマリナーズ戦ではイチローを2打数無安打に抑えた。背番号40。「日本でプレーすることを夢見ておりましたので、今回お話をいただき大変うれしく思っています。オリックスの優勝に向けて精いっぱい力を尽くしたいと思います」と意気込んだ。

 村山良雄球団本部長によると、フェルナンデスは代打や指名打者での起用となり、ミルズは「今のところ先発要員」という。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月21日のニュース