2戦連続本塁打ゼロ 球宴60年ぶり珍記録 飛ぶ統一球なのに…

[ 2013年7月21日 06:00 ]

<全セ・全パ>初回無死、左中間二塁打を放つ大谷
Photo By スポニチ

マツダオールスターゲーム2013第2戦 全セ3―1全パ

(7月20日 神宮)
 第1戦に続き第2戦も両軍本塁打0。球宴で2試合以上連続両軍本塁打0は53年に3試合続けて以来、60年ぶり2度目の珍しいケースになった。

 使用球は縫い糸の色を球宴仕様にした(第2戦は赤とネービー=統一球は赤のみ)特別球だが、変わったのは縫い糸の色だけ。反発係数も含め、今季使っている「飛ぶ統一球」と全く同じ球だという。全パ・栗山監督は「珍しいよね。150キロ超える投手が低めに集めたらホームランは出ないということ。派手さはないが、野球の基本になるものが出ているように感じる」と話した。

 ▼全セ・原監督 ゴールデンルーキーの投手たちを、日本一経験のあるベテランの谷繁捕手がリードしてくれた。新人たちには、きょうという日は忘れられない日になるだろう。攻撃においてはベテランの宮本、新井も存在感を発揮してくれました。

 ◇第2戦の主な記録
 【全般記録】
 ▽イニング3奪三振 千賀(ソフトバンク)=過去多数あり

 ▽ゲーム2併殺打 内川(ソフトバンク)=5人目

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2013年7月21日のニュース