ジャイアンツ リンスカムが無安打無得点試合達成

[ 2013年7月14日 14:21 ]

パドレス戦で無安打無得点試合を達成し、捕手ポージーに祝福されるリンスカム

ナ・リーグ ジャイアンツ9―0パドレス

(7月13日 サンディエゴ)
 米大リーグ、ジャイアンツのティム・リンスカム投手(29)が13日、サンディエゴで行われたパドレス戦で、無安打無得点試合を達成した。

 リンスカムは自身初の大記録達成。5四死球を出したが、9回で148球を投げて13三振を奪う快投だった。内訳は三振13、内野ゴロ6、内野飛球2、外野飛球6。試合は9―0で勝った。

 リンスカムは2007年にメジャーデビューし、08、09年に2年連続でサイ・ヤング賞を受賞。昨季はリーグ最多の15敗を喫するなど不振で、今季はこの試合まで4勝9敗で防御率も4点台だった。

 ▼リンスカムの話 言葉が出ない。ウイニングボールはもらった。7回を終了したころから無安打無得点を意識した。学生時代を含めても初めてのこと。攻撃でも守備でもチームメートに助けてもらった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月14日のニュース