花咲徳栄 “プロ注”若月は無安打も貫録コールド

[ 2013年7月13日 06:00 ]

埼玉大会2回戦 花咲徳栄10―0狭山工

(7月12日)
 今春センバツ出場校・花咲徳栄が、狭山工を10―0の5回コールド勝ちで下し、初戦を突破した。

 4番・捕手の若月に巨人、阪神などプロ10球団のスカウトが熱視線を送ったが、主砲は「遅い球にタイミングを合わせられなかった」と2打数無安打。5月の関東大会で桐光学園・松井から左越え二塁打を含む2安打を放った実力を発揮できなかった。若月は「大事なところでの一本が僕の役目。次は勝利につながるバッティングをしたい」と力を込めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月13日のニュース