キラ 4戦連発ならず…4タコ3三振、失策も

[ 2013年7月13日 06:00 ]

<ヤ・広>3回1死、空振り三振に倒れるキラ

セ・リーグ 広島9-11ヤクルト

(7月12日 神宮)
 打撃戦に屈した。11日のDeNA戦(横浜)でプロ野球史上初の外国人選手デビュー3試合連続本塁打を記録した広島のキラが、来日4試合目は不発。

 初回2死一塁では四球を選んで先制点に貢献したが、その後は3三振を含む4打席無安打だった。7回には痛恨の適時失策を犯し、攻守に精彩を欠いた一日。無言のまま球場を後にし、新井打撃コーチは「低めのフォーク、チェンジアップにどれだけ我慢できるか」と今後の課題を挙げた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年7月13日のニュース