大谷 高卒新人で勝ち投手&本塁打は江夏以来46年ぶり

[ 2013年7月11日 07:00 ]

<楽・日>自らが放った1号ホームランボールを手にグラウンドを後にする大谷

パ・リーグ 日本ハム4-1楽天

(7月10日 Kスタ宮城)
 日本ハムの大谷がプロ入り1号。高卒新人の本塁打は昨季高橋周(中日=2本)以来で、日本ハムでは86年6月10日南海戦で田中幸が放って以来27年ぶり8人目となった。

 また、大谷は投手として既に2勝。高卒新人が勝利と本塁打の両方を記録するのは67年江夏(阪神)以来46年ぶり11人目。ただし、過去の10人は登板試合での本塁打。大谷のように野手として本塁打をマークしたのは初。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年7月11日のニュース