西武 快勝で連勝 岡本洋が4年目でプロ初勝利

[ 2013年7月4日 21:20 ]

2番手で登板し、プロ初勝利となった西武・岡本洋

パ・リーグ 西武7―2オリックス

(7月4日 京セラD)
 西武が14安打を放ち連勝。貯金2とした。

 先制された西武は2回、林崎、山崎の適時打などで3点を奪い逆転。3回には浅村の2試合連続となるソロ本塁打で加点。8回には炭谷の2点二塁打、9回にも浅村のこの日2本目のアーチで試合を決めた。2番手の岡本洋が2回を無安打で抑え、プロ4年目で初勝利を挙げた。

 オリックスは初回に先制し、逆転された後も糸井の本塁打で追い上げたが、西武リリーフ陣が好投し追い付けなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月4日のニュース