楽天 ついに首位タイ浮上!ジョーンズ豪快2連発、ロッテ撃破

[ 2013年7月4日 21:20 ]

<楽・ロ>初回2死一塁からジョーンズの打球がスタンドに消えると星野監督(左)は笑顔を見せる

パ・リーグ 楽天8―4ロッテ

(7月4日 Kスタ宮城)
 楽天が12安打8得点の猛攻で首位・ロッテとの直接対決を制し、6月以降では球団史上初の首位に並んだ。

 メジャー434発の大砲が、大一番で火を噴いた。初回、ジョーンズが古谷から外角の甘いチェンジアップを左翼席に運び6月1日のDeNA戦以来、約1カ月ぶりの12号2ランで先制。同点に追いつかれた4回無死一塁でも内角のスライダーを左翼ポール際にライナーで運ぶ2打席連続本塁打で、楽天は2点を勝ち越した。

 さらに5回2死一、二塁からマギーが外角の直球を左翼線に2点二塁打。前回登板の6月26日オリックス戦で、9回2死まで無安打無得点投球をみせた古谷から6点を奪い、マウンドから引きずり下ろした。

 守っても勝ち越した直後の5回1死一、三塁、サブローの三ゴロで二塁封殺した藤田が判断よく本塁へ送球。飛び出した三塁走者の井口を挟殺し追加点を許さなかった。

 先発の川井は5回1/3を7安打2失点で今季2勝目。継投で逃げ切ったチームは4連勝で40勝とし、ロッテに並び首位浮上。ナインを迎える星野監督の表情は、いつも以上に闘志がみなぎっていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2013年7月4日のニュース