ナは新人プイグが初受賞、44安打マーク 6月の月間MVP

[ 2013年7月4日 09:33 ]

 米大リーグは3日、6月の月間MVPを発表し、ナ・リーグの打者部門は、6月3日にデビューしたドジャースの外野手プイグが初受賞した。キューバ出身の22歳で、デビューした月では1936年5月のディマジオの48安打に次ぐ44安打を放ち、打率4割3分6厘、7本塁打、16打点をマーク。月間最優秀新人も同時受賞した。

 投手では4勝(2敗)を挙げ、防御率1・77の先発右腕ウェインライト(カージナルス)が選ばれた。

 ア・リーグの打者はキプニス内野手(インディアンス)が、打率4割1分9厘、4本塁打、25打点で初の選出。投手は40歳の先発右腕コローン(アスレチックス)が5試合に先発して無傷の5勝、防御率1・75の成績で4度目の受賞となった。月間最優秀新人は複数安打11度で打率3割9分5厘のイグレシアス(レッドソックス)が初めて選ばれた。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月4日のニュース