第三者委員会 9・17調査報告へ 統一球問題

[ 2013年7月4日 06:00 ]

 日本野球機構(NPB)による統一球の無断変更問題を調査する第三者委員会が、9月17日にも調査報告を行う方針であることが3日、分かった。

 6月28日の第1回会合後には9月末としていたが、同日に一般社団法人の定款を話し合うNPBの社員総会が行われ、オーナー会議のメンバーがそろうことから第三者委メンバーが「時期的に符合するかもしれない」と話していたという。

 責任問題を問われている加藤良三コミッショナーはこの日、NPB事務局を訪れ、「第三者委員会のご指示があれば従います」と調査に協力する姿勢をあらためて示した。また、巨人の渡辺恒雄球団会長が次期コミッショナーに王貞治氏(ソフトバンク球団会長)の名前を挙げたことについては「報道で承知しているが、私がコメントすることではない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月4日のニュース