青木 剛腕ストラスバーグから内野安打「対等にやれていた」

[ 2013年7月4日 06:00 ]

<ナショナルズ・ブルワーズ>3回、遊撃内野安打を放つブルワーズ・青木

ナ・リーグ ブルワーズ4―0ナショナルズ

(7月2日 ワシントン)
 ブルワーズの青木は09年のドラフト全体1位右腕のストラスバーグと初対戦し、3回に遊撃内野安打を放った。

 外角への97マイル(約156キロ)の快速球にバットを合わせ、緩いゴロが遊撃手の前に転がる間に一塁を駆け抜けた。試合後は「実際はアウトだったけど、思い切って走った結果」としてやったりの表情。大リーグ屈指の剛腕の印象については「よく映像で見ていたし、知っているピッチャー。凄く楽しかったし、対等にやれていたと思う」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年7月4日のニュース