移籍初登板の八木が誤算 5失点KOにも「状態は悪くなかった」

[ 2013年6月27日 22:37 ]

3回、ロッテに追加点を許し降板を告げられるオリックス・八木

パ・リーグ オリックス4―8ロッテ

(6月27日 京セラD)
 オリックスは日本ハムから移籍後初登板した先発の八木が誤算だった。5失点で3回途中にKOされ「状態は悪くなかったし、粘り強く投げたかったが、力負けだった」とチャンスを逃した悔しさをにじませた。

 森脇監督は先発投手陣が手薄な中、期待を込めて送り出しただけに「残念だ」。ノーヒットノーランを免れるのがやっとだった前夜からの嫌な流れを断ち切れず「きのうもきょうも内容としては非常に乏しい」と顔をしかめた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2013年6月27日のニュース