イチローサヨナラ弾!ダル、黒田ともに3失点で勝敗つかず

[ 2013年6月26日 11:19 ]

レンジャーズ戦の9回、サヨナラソロ本塁打を放ったイチロー(中央下)を迎えるヤンキースナイン
Photo By スポニチ

ア・リーグ ヤンキース4―3レンジャーズ

(6月25日 ニューヨーク)
 ヤンキースのイチローが25日(日本時間26日)、ニューヨークで行われたレンジャーズ戦に「2番・右翼」で出場し、3―3の9回2死から右翼スタンドへ4号サヨナラソロ本塁打を放ち、チームに劇的な勝利をもたらした。5打数2安打1打点で、内容は左前打、中飛、右飛、空振り三振、右本塁打(打点1)で打率は2割7分。

 レンジャーズのダルビッシュとヤンキースの黒田の先発対決で注目を浴びた試合。最後に決着をつけたのはイチローだった。 イチローは1回、ダルビッシュから左前打を放ち、その後3打席は凡退。同点で迎えた9回1死一塁で打席に入ったが、スチュワートが盗塁失敗。走者なしの場面でカウント1―2からの4球目を右翼席へ運んだ。

 ダルビッシュと黒田は昨年4月24日以来2度目の日本人対決に臨んだが、ダルビッシュは5回1/3で110球を投げて7安打3失点、6三振2四球。メジャー移籍後最多の3本塁打を浴びた。黒田は6回2/3で99球を投げ、5安打3失点(2本塁打)、6三振1四球だった。ともに勝敗はつかなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月26日のニュース