堂林 プロ初のサヨナラ本塁打「すごく気持ちよかったです」

[ 2013年6月23日 17:30 ]

<広・ヤ>逆転2点サヨナラ本塁打を放った堂林(中央)は、お立ち台で松山(右)らナインから水をかけられる

セ・リーグ 広島5-4ヤクルト

(6月23日 マツダ)
 広島は堂林の一振りで、連敗を4で止めた。

 1点を追う3―4の9回1死二塁。山本哲が4球続けたフォークボールに泳がされながらも、バットのヘッドを残し、すくい上げた。舞い上がった打球は左翼席へ。逆転の3号2ランは自身初のサヨナラ本塁打になった。

 今季初のお立ち台に上がった背番号7は「最高です!」と左手を突き上げて絶叫。インタビュアーに「持っていますね」と問われると「やりましたー!」と再び声を張り上げた。

 「気持ちで向かっていくだけで、その通り結果が出たと思います」と殊勲の打席を振り返り「初めてのサヨナラホームランだったので、すごく気持ちよかったです」とダイヤモンド一周の感想を口にすると、チームメートから水をかけられ、祝福された。

 試合前の打率が・218と低迷。「見た通り、結果もなかなか出ない日が続いていましたが、やっとチームに貢献できた気持ちです。また、このお立ち台に立てるように頑張ります」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月23日のニュース