負けない!“藤浪神話”に指揮官「ベンチが総力戦で…」

[ 2013年6月9日 18:55 ]

<神・ロ>9回無死一塁、サヨナラ2ランのマートン(中央)を出迎える阪神ナイン、藤浪も笑顔
Photo By スポニチ

交流戦 阪神4―3ロッテ

(6月9日 甲子園)
 劇的なマートンのサヨナラ弾で首位に浮上。阪神・和田監督は試合後「まだそういうもの(順位)を守る時期じゃないので。一戦一戦という気持ちでやっていきたい」と淡々と話したが、あらためて黄金ルーキーの底力には称賛の声を送った。

 この日、先発した藤浪は6回途中3失点で降板したが「打たれながらも(藤浪)晋太郎は何とか3点に抑えていたし、中継ぎも何とか抑えてくれた。それが最後につながった。本当なら野手が晋太郎を助けなきゃいけないところ、逆に晋太郎が何とか抑えたゲームだった」。

 藤浪の甲子園“不敗神話”は継続。負けない理由について、指揮官は「ベンチが総力戦で何とかひっくり返そうという雰囲気になっていた」と満足げな表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月9日のニュース