楽天 交流戦首位陥落 聖沢同点打も実らず

[ 2013年6月9日 06:00 ]

<巨・楽>6回1死、阿部に本塁打を打たれ悔しそうな表情の楽天・菊池

交流戦 楽天3-5巨人

(6月8日 東京D)
 楽天の星野監督は「この狭い球場であれだけ真ん中に持っていったらこんなもんよ」と薄笑いさえ浮かべて振り返った。

 同点の6回。2番手の菊池が甘いフォークを阿部に右翼席へ運ばれ、勝ち越しを許した。攻撃前に円陣を組んだ5回。2死満塁から聖沢が左前にポトリと落ちる走者一掃の適時二塁打で一度は同点に追いついた。それだけに悔やまれる一発だった。ソフトバンクが引き分けたために交流戦首位から陥落。「明日(9日)はなんとか田中で勝ってもらわないと」。指揮官はエース右腕に託した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月9日のニュース