中田 逆転打&今季初盗塁 音なし巨人戦のうっ憤晴らした

[ 2013年6月9日 06:00 ]

<ヤ・日>3回2死一塁、大谷の時に日本ハム・中田は二盗成功。左は川島慶

交流戦 日本ハム8―4ヤクルト

(6月8日 神宮)
 日本ハムの中田が4番の仕事を果たした。

 2点を追う3回、1点を返し、なおも2死二、三塁で「狙っていた」という小川の直球を中前へはじき返した。逆転の2点タイムリー。続く大谷の打席では今季初盗塁も決め好機を広げた。前カードの巨人戦(東京ドーム)では2試合で9打数無安打。「ここ2試合貢献できていなかったので良かった。打つだけじゃなくて走塁も大事」と胸を張った。

 ▼日本ハム・ウルフ(6回2失点で今季3勝目)しっかり間を取って投げることができた。次につながるし自信になる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月9日のニュース