判定に納得いかない伊東監督 怒「ちょっと目に余る」

[ 2013年6月9日 06:00 ]

<神・ロ>これがセーフ?6回1死満塁、阪神・藤井彰は全力疾走で併殺を免れ、追加点を挙げる

交流戦 ロッテ1―3阪神

(6月8日 甲子園)
 後味の悪い敗戦に、ロッテ・伊東監督の怒りの矛先は審判へと向けられた。

 1―2の6回1死満塁。成瀬が藤井彰を二ゴロ併殺に打ち取ったかのように見えたが、佐藤一塁塁審はセーフの判定。この間に追加点を奪われた。「完全なダブルプレーやろ!ちょっと目に余るものがあるよな!」。試合後は開口一番、強い口調で判定に異議を唱え「明らかな誤審にはペナルティーを科さなければいけない。審判ももっとレベルアップしてもらわないと!」と注文を付けた。これで阪神には2敗1分け。9日は藤浪が相手となるだけに「ルーキーになめられてはダメ」と勝利を厳命した。 

 ▼ロッテ・成瀬(7回3失点で2敗目。被本塁打はリーグワーストタイの9本に)新井さんの一発は勝負した結果。もうちょっと慎重になっていれば。

 ▼ロッテ・根元(3回にバックスクリーンへ今季3号の先制ソロ)甲子園での本塁打は野球人生で初。勝ちにつなげられなくて残念です。6回の判定は余裕でアウトだったけど、気持ちを切り替えたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2013年6月9日のニュース